ホームページリニューアルの注意点やポイント

ホームページリニューアルの注意点やポイント

 

最近あいこむではとてもうれしい事に、ホームページリニューアルのお話をよく頂いています。

 

そこで、今回のひとことあいこむでは、ホームページリニューアルの際のミーティングにてお話やご担当者様と一緒に進行させて頂いている際にお話させて頂く「必ず押さえておいたほうがいいホームページリニューアルの注意点やポイント」をご紹介させて頂きます。

簡単なようでとても難しい部分ですので リニューアルの際にご参考になればと思います!

 

■ホームページリニューアルの意思表示や理由を明確にする。
■ホームページリニューアルの着地点を決めておきましょう。
■「知りたい人」に「知りたいこと」を伝える
■まとめ

 

 

 

■ホームページリニューアルの意思表示や理由を明確にする。

ホームページの意思表示や理由を明確にする。

ホームページをリニューアルするにあたり、必ず考えたいポイントになります。

 

「新規のお客様向けなのか?」
「商品紹介をメインにするのか?」
「アクセスアップのため?」
「ホームページが古くなってきているので企業イメージアップなのか?」
「スマホサイトがない等で、時代に合す為なのか?」
「多言語対応にするのか?」

 

様々な理由が考えられます。

見た目のを変え、イメージチェンジは確かに重要ですが、やはりなんとなくホームページリニューアルを行っても、なんとなくの内容になりがちです。
内容が同じですので「確かに。」と考えて下さる方もいらっしゃると思います。

 

 

■「新規のお客様向けなのか?」
 企業情報をアピールしよう
 商品詳細や製品詳細を詳しく
 商品の用途等の説明を詳しく
 ホームページにテーマを決めてキャンペーン風に

 

■「商品紹介をメインにするのか?」
 商品写真を新しく取り直し、ビジュアルを綺麗にしましょう
 商品情報をもっと詳しく
 動画で使用方法の説明をのせるのも?

 

■「アクセスアップのため?」
 記事やコンテンツが足りてないのかもしれないので増やしましょう
 アクセス解析により、不足部分を追加
 同業他社さんのホームページを参考に

 

■「ホームページが古くなってきているので企業イメージアップなのか?」
 最近多くなってきているレスポンシブサイトに
 CIも視野に入れ、デザインを一新、パララックスや動画を組み入れた時代に合わせたホームページに
 モバイルファーストの時代を踏まえ、スマホサイトに重点を置く!

 

■「多言語対応にするのか?」
 先の時代を考え、英語、中国語等の多言語サイトを作成する。
 多言語ホームページ作成の際に、メインビジュアルを個別に
 多言語ホームページで重要な、未来の顧客の為に個別コンテンツを用意する。

 

上記理由の場合色々とミーティングの際にご担当者様とお話が出来ると思います。
他にも男性女性向けか、年齢層は?F1・M1?等、様々な理由を考える事によって方向性が見えてくると思います。

 

検討しないより検討したほうがいいですよね。
それに引き出しが多いいとさまざまなことに対応できますよね

ですが、製作費には注意してください!

 

 

 

■ホームページリニューアルの着地点を決めておきましょう。

ホームページリニューアルの着地点を決めておきましょう。

意思表示や理由を明確にして、作成を行った際。リニューアル後に「出来上がったよ!」だけではこの行き詰る事が出てくると思います。

 

下記理由は、よくお話されている内容です。

 

□アクセス数を月にこれぐらい
□お問い合わせを一日1回以上
□特定キーワードをGoogle 検索順位 2ページ目に
□モバイルからのアクセス数を3倍に
□新コンテンツを追加しやすいように

 

 

お客様により、方向性を明確にすることでこれからの運用が決まると思います。
ホームページリニューアル後にアクセス解析を行い不足分を補う事はとても重要。
なら、ホームページリニューアル後「訪問者に企業内容を知ってもらうため」に、今の段階で「何をすればいいか?」を先に考えておくのも手かもしれません。

 

 

 

■「知りたい人」に「知りたいこと」を伝える

「知りたい人」に「知りたいこと」を伝える

ホームページには企業内容や商品内容に興味がある方しか来ません。

 

そこで自分が訪問者と考え、考えてみてください。
マーケティングで言うペルソナ分析もその一つですが、例えば「商品のお問い合わせを増やしたい。」と考えた場合自分に置き換え、お問い合わせしてもいいかな?と言うレベルがあると思います。

 

とても残念な事ですが、お客様はよほどなことが無い限りお問い合わせまではしてこないと思います。

 

おそらく色々とみて。「なるほどー」程度で終わる事が多いですが、誰かと話しているうちに、「ホームページで見た!」という事もありますので説明に説明を重ね、さらにもう一度説明を!行う事により、興味のある方に印象を付ける事が重要と思います。

 

作成する際に、自分だったらこうすると思う。と言う内容はとても重要だと思います。

 

 

 

■まとめ

まとめ上記を参考にホームページのリニューアルを進めてみてはいかがでしょうか?

簡単にまとめますと、この3点は押えたい所だと考えています。

■方向性を明確に
■コンテンツの内容を詳しく
■お客様がどのデバイスからでもアクセスしやすいように見やすく

訪問者は全員お客様と考えたほうが無難かもしれません。

 

意味のないリニューアルは止め、自分勝手な内容を排除して「知りたい人」に「知りたいこと」を伝える事が一番いいかもしれません。

 

 

他にも、

問い合わせ先企業の顔が見えている事により、不安感や怪しい雰囲気を排除
求人募集を行っている事で、企業的に繁栄しているのかな?

 

様々な理由もあると思いますが、今回は上記を参考にしてみてください。

ホームページ制作に正解はありませんので常に臨機応変に考えてみて下さいね!

 

ではまた!

 

 

関連記事


 

一覧へ戻る
制作のご依頼・ご相談・お見積り お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
制作のご依頼・ご相談の流れはこちら お問い合わせの流れはこちらお問い合わせの流れはこちら