ぼく、トラのもん!虎ノ門ヒルズ開業と共に姿を表したネコ型ビジネスロボット

2f52c078533bbd9454fe83d24be8b587

こんにちは!
梅雨が入ったと思ったら、雨よりもただただ暑い日が続きますね。

来る6月11日(水)虎ノ門ヒルズがオープンしました。ちなみにアイレックスコミュニケーションズからはダッシュすれば2分以内につくんじゃないのかなあという位、とても近いところにございます。
この虎ノ門ヒルズですが、歴史を辿ると元は1946年の環状二号線の都市計画からだったそうな。今から46年も前の出来事ですね。

虎ノ門に高層ビルがないというわけでもありませんが、虎ノ門ヒルズは「超高層ビル」に分類されるほどとっても大きなビルなので、インパクトはかなりあります。それに、なんと都内では東京ミッドタウンに続き、2番目に高いビルなんです!

※超高層ビルとは?
統一された明確は定義はないものの、日本では高さが60メートルを超える建築物を超高層ビルと呼ぶことが多いが、広辞苑では15階以上・又は100メートル以上の高さとしている。

さてさて、そんな虎ノ門ヒルズの凄さは一先ず置いといて、2週間前の6月4日、まもなく開業だという時に話題になったのが彼の姿です。

0a3867ede4a8b901240eca954df3b64e

 

「トラのもん」 ©藤子プロ ©森ビル

ド…「トラのもん」!?

なんと虎ノ門ヒルズはマスコットキャラを用意しておりました!…というかこういったビルにマスコットキャラがいること自体すごく珍しいことのような気がします…。

ご覧のとおり「トラのもん」は「ドラえもん」の藤子・F・不二雄プロと森ビルが共同制作したマスコットキャラとなっております。インパクトのある黒の縞はビルディングをイメージしているらしく、また、100年後の未来からやってきたということ以外は謎に包まれているこのキャラクターですが、結構色々なところに登場しております。

例えば虎ノ門ヒルズのエントランスに立体模型があったり、開業を祝い一緒にテープカットをしたり、ウェブサイトでは特設ページがあったり…。

個人的にちょっと面白かったのは特設ページ以外の虎ノ門ヒルズのサイト自体にもオンオフのトラのもんがいたことです。施設案内のページでは見るからに敏腕ビジネスマンと肩を並べ、店舗案内ではデートをしているトラのもんがいたりと、これは確実に出来る男です。

モノクロベースなトラのもんだと首輪の鈴が心なしか更に輝いてみえますね。

ドラえもんとの大きな違うといえばこの長い尻尾!むしろ、他のネコ型ロボットでさえ持ってないのではないでしょうか?

(電源スイッチにもなっている尻尾は「◯−」こんな形)

公式サイトではよく動くトラえもんのムービーが掲載されているので是非ともチェックして下さい。

Hello, Mirai Tokyo!をテーマにしているからこその未来のネコ型ロボットの登場だったのかもしれませんが、これからどこまで虎ノ門ヒルズに関わってくるのかが楽しみですね。

グッズ化などはまだ検討中と噂ですが、この人気ならもしかしたら…を期待してしまいます。

今現在、トラのもんを見られるのは虎ノ門ヒルズのエントランスのみとなっておりますので、是非とも未来に帰ってしまう前に一度訪れてみてはいかがでしょうか?

それでは!

一覧へ戻る
制作のご依頼・ご相談・お見積り お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
制作のご依頼・ご相談の流れはこちら お問い合わせの流れはこちらお問い合わせの流れはこちら